長持ちするランドセル

MENU

かっこよくて丈夫!かわいくて軽い!人気のランドセル


長持ちするランドセル

長持ちするランドセルとはいったいどんなもの
なのでしょう。

 

子どもはどうしても、色やデザインばかりが気に
なりますが、やはり親としては、しっかりと6年間
長持ちするランドセルを選んであげたいと思い
ますね。

 

色やデザイン、価格も気になりますが、6年間長持ちさせるためには、丈夫であると
いうことが一番大切です。

 

特に男の子の場合には、途中で壊れてしまうこともあるので、丈夫である、という
ことはランドセル選びの際に重視したいことです。

 

6年間、ランドセルを背負うのは子どもたちです。

 

長持ちするランドセルとは、丈夫であること、そして、使いやすいことも大切な要素
になるでしょう。

 

あまり気にしない方も多いかも知れませんが、ランドセルの素材はとても大切です。

 

ランドセルの素材となる革は、大きく分けて3つの種類があります。

 

馬の背の部分から取った、柔らかで独特の光沢・質感が特徴的なコードバンは、
最も良質の素材になります。

 

耐久性にも優れていて、丈夫で傷もつきにくいですが、やはり、それだけ価格も
かなり良いです。

 

牛革も、コードバンに次いで、良質の素材です。

 

こちらも独特の光沢と質感があり、見た目も感触なども良いですし、価格も高めです。

 

ただ、牛革の場合、コードバンと比較して傷に弱く、耐久性は少し劣ります。

 

コードバンも牛革も、ランドセルの素材としては良質の素材で価格も良いものですが、
どちらも子どもにとっては重さを感じるランドセルになります。

 

特に、コードバンは、一番丈夫な素材ですが、その分一番重たい、という特徴が
あります。

 

ランドセルにはもう一つ、人工皮革のクラリーノという素材があります。

 

こちらは、比較的値段も安く、水にも強く耐久性もそこそこあります。

 

>また、軽い、ということがこのクラリーノの大きなメリットで、デザインや色の種類も
かなりバリエーションが豊富です。

 

比較的、身体が小さいお子さんで、長い距離を歩いて登校する場合には、コードバン
よりもクラリーノの軽いランドセルがおすすめです。

 

また、長持ちするランドセルというのは、細部にまでこだわりがあり、丈夫に
作られています。

 

ランドセルは、一見、ほとんど差がないように見えますが、値段にかなりの違いが
あります。

 

しかし、実際に使ってみると、すぐに耐久性や強度など、価格の差が実感出来る
はずです。

 

例えば、負荷のかかる部分の補強を薄い安価な素材で補強をしているのか、または、
厚い良質な革で補強されているのか、といった、少し見ただけでは分からない部分に
こだわりがあるランドセルは、値段もそれだけ高いです。

 

素材や細部の作りなどは、子どもたちには分からない部分です。

 

この辺りもしっかりと見て、使いやすくて長持ちするランドセルを選んであげたいですね。


子供にとって使いやすいランドセルと評判!6年間安心です!

TVや雑誌などでもよく見かける有名ブランドになっ
たラ・ポンテの「フィットちゃんランドセル」人気や
評価が高いです。

 

そんなフィットちゃんランドセルは、特に女の子向け
のランドセルでは圧倒的な人気で、その理由としては
見た目にあるようです。

 

お姫様のようなかわいらしいデザインのランドセルが
たくさんあり、特にデザイン重視で選びたい人にはフィットちゃんランドセルがオススメ
です。

 

人気の秘密は知名度の高さのほか、子どもの成長を真剣に考えたランドセル設計など、
みんな知っていて、完成度も高く、デザインも豊富なところ。

 

一部のシリーズは毎年売り切れが続出するほどで、機能も見た目も全部欲張れる所が、
選ばれ続けている理由です。

 

 

ランドセルと言えばセイバン「天使のはね」が
有名です。

 

TVをはじめメディアなどへの露出度が高いラン
ドセルの1つです。

 

そんな「天使のはね」では、セイバン独自の研究
データから作成した、小学生の平均体型模型を
使用しているのが特徴。

 

体にかかる圧力負荷を分散するように設計されたランドセルで、発売当初から多くの
反響を呼びました。

 

現在では各社ともランドセルの軽量化が進んでいる中で、セイバンのランドセル
「天使のはね」ブランドは健在。発売当初から現在でも人気の高いブランドの1つです。

 

 

羽倉のランドセルは兵庫県豊岡市で作られています。

 

実はこの兵庫県豊岡市は、鞄の一大生産地として知ら
れる有名な町です。

 

全国で作られている国産鞄のうち、およそ70%以上が
この豊岡市で生産されています。

 

そして、ここで作られる鞄の中でも特に優れた製品は、
厳正な審査を経て「豊岡鞄」としてブランド化されています。豊岡市でランドセル製作し、
羽倉のランドセルを製造している(株)羽倉は、「豊岡鞄」の認定審査にも参加している
メーカーです。

 

そんな(株)羽倉では、熟練の職人たちが、子どもの事を考え、最高のランドセルを作る
というコンセプトで製作しています。

 

すべてが手づくり、本革使用というラインナップながら、完成度の高さと優れたコスパが
魅力で、また徐々に口コミで人気を博している注目のブランドであり、ここ豊岡で伝統を
受け継がれてきた技術が、詰まったオンリーワンのランドセルです。

 

 

丈夫で美しいランドセルを作り続けて60年!

 

創業60年以上も続く熟練の技で、高品質なランドセル
を作っています。

 

そんな萬勇鞄では、職人が手作りで仕上げるランドセル
は、非常に出来がよいと評判!

 

ただ知名度はあまり高いとは言えませんが、萬勇鞄の
職人が作るランドセルの質はとても高く、利用者からの評価はかなり高いブランドです。

 

職人による手縫いで仕上げられた繊細で頑丈な造りながら、素材やカラーのバリエーション
もかなり豊富で、最近のデザインなど他ブランドに比べて、相当な数のラインナップが揃
っています。

 

また完成度の高さに比べて、価格も比較的安く、良いものを適切な価格でほしい、
という人にオススメのランドセルブランドで、多くの人に愛されています。

 

 

KIDS AMI(キッズアミ)は、ランドセルを作り続けて
60年の老舗、高島屋やイオンランドセルを製造している
ナース鞄工が作ったランドセルブランドです。

 

そんなキッズアミでは、ランドセルで初めて文部大臣賞を
受賞するなど高い評価を受けています。

 

その魅力は、なんといっても職人の手縫いによる完成度
の高さ。

 

60年間ランドセルを作ってきた職人の培った技術が惜しみなく使われていて、背負い
やすさや負担の軽さはもちろん、使い勝手もしっかりと考え抜かれています。

 

中でも特にマチ部に付けられたファスナーを開閉する事で、ランドセルのマチ幅が
変わる仕様は驚き!

 

こういう仕様は、実際に使ってみた時にどうしたら便利かを考えなければ、こういう
発想のデザインは出てきません!

 

この他、最近注目されている横長ランドセルも特徴的でインパクト抜群と好評です。

 

今後キッズアミは、ランドセルブランドとして目が離せないブランドの1つです。

 

 

カバンのフジタのランドセルは、1956年創業以来ランド
セルを作り始めて60年という歴史と、他とは違うランド
セルコンセプトで注目を集めています。

 

そんなカバンのフジタは、山形県に拠点を置く鞄ブランド。

 

雪が多くて安全に気をつけなければならない環境で作られ
てきたランドセルだからこそ、さまざまな機能が盛り込れ
ています。

 

素材の良さや軽さのバランスが、大容量でコンパクト&型くずれしにくい強さを実現して
いるため安心して長く使えるような様々な工夫に溢れています。

 

決して特別なモデルがあるわけではありませんが、ユーザー視点に立ったランドセル作りは
高く評価できます。

 

「こういうランドセルが欲しかった」という期待に応えてくれるランドセルブランドです。

 

 

1929年創業以来「伝統」と「先進性」の融合を追求した
のがモギオリジナルランドセルです。

 

ミシンの発達により、次第に手縫いのランドセルが失われ
ている中、モギカバンランドセルはできるだけ手縫いにこだ
わり続けています。

 

大量生産ではない手縫いのランドセルはミシンだと20本縫
えるところを、2〜3本を丁寧に仕上げているので、美しく
丈夫に仕上がる所が人気の秘密!手縫いとミシン縫いの大きな違いの一つは「糸の締り具合」

 

ミシンではあまりテンションをかけられず一定の力で縫っていく事から、手縫いだと「グッ」
と締めながら縫うので、強く補強したい所をしっかりと縫い締める事ができるなど、このよう
にできるだけ「手縫い」にこだわっているのが大きな特徴です。

 

長年の勘が必要な手縫いでもあるので、とうてい機械では手縫いに代わる縫製はできない
事から、6年間持つに十分すぎるランドセル、それがMOGIオリジナルランドセルです。